<< いよいよ直前、です☆(当方ブース頒布物概要紹介) | main | 新年またまた新しく始めてみたです♪ >>
この記憶に残る一年の最後に。。


ども。
…またまた同じ画像使い回しててスイマセン(笑)。
ていうか、ほんとはまだ年賀状も書いてなくって、こんなことしてる場合じゃ…あ〜でも後はまた時間無くなるから今かくっと。。

あ、でも同じ画像に見えますが(トリミングしてるよとかだけじゃなく。笑)、新刊の表紙のほう、コレ現物ですから!リアル!を写真に撮ったの!!(奮)

いやね〜この表紙の、大暴挙でもって注文してみた「特殊紙」「箔押し(メタル青)」のまさにミラクルな風合いと、反則技的な超弩級カッコよさ!!!☆を何とかして視覚的にお伝えしたい!と思ってアレコレ努力した挙句、結局あきらめ(泣)てケータイのヘボ写真で我慢することになったという。。。ほんと素敵なのよ〜♪♪

あぁ…私はけっして押し売りとかはしたくない…けど、この風合いだけは、実際にお手に取って確かめて頂きたい〜とか思わないでもない…(どっちだよ☆)
とにかく、表紙だけは!(苦)我ながら自画自賛めいて恐縮ですが、良く出来た本です。。(※中身は今少しお待ち下さい。。伏)

良かったら、ほんとにもし良かったら、どなたかまたお家に引き取って、マサぼ〜(←うちの本のみで、鷲津のこと。笑)と一緒に可愛がってあげて下さい。。。(拝)



このブログを、今回、冬コミで当方のこの新刊お買い上げ頂いた方がお読み下さっているものかどうか、正直私には計りかねます。。
ていうか、一体どのような皆さんが読んでくれているのか?もわかっていません。

だから、いつも100%に開かれた範囲の読者様、を想定して書きますし、おおむね画像もそのように選択しています。

二枚目の画像、振り返ってる男の子…これもワッシー(うちではマサぼ〜。。←しつこい?笑)なんですが。見て大体分かるとおり一応、学生、な設定です。



今回、私は『ドラマ・ハゲタカ』を題材に、二次創作でありながら、ものすごく踏み込んだ領域まで物語を考えて、既に実際に描いて本を出してしまいました。。(ええ、やっぱり漫画ヘタですが。汗)
(何も御存知なく本を買って、ビックリされたり不快に感じられた方もしいたとしたら、土下座して謝ります。本当ゴメンなさい…)

恐らくこういう行為は、長くアニメや漫画やドラマ、の二次をやっている方々から見ると相当に”凶悪”な「違反」に映るのだろう、と我がことながら考えています…。


しかも、お読みになった方は分かると思いますが、本当に”ヒドイ話”なんです。。何度も言ってますが、心が真っ黒、です…。
誰の心が?って、登場人物もだし、そして、描いたこの自分も。

あんなにずっと「好き」って言ってきた鷲津に、私は本当に辛いことをさせています…。自分で描いてて途中、苦しくて何度も手が止まってたほどです(汗)。
それはもう真面目に、熱烈なファンの方が見たらひょっとして殺意を抱かれるんじゃなかろうか??(汗)と恐れるくらいに。。(いやホント有り得なくは無いよ〜。。。怯)


それでも、私は「この話」を描く必要が、絶対的に、あった。

「この部分」を避けてでは、私には『ハゲタカ』の世界を語りきることが、どうしても出来なかった。


それは、…本当はこの言い方はあまりしたくなかったのですが…、きっとこの私が、一応は「女性」だから―…なのでしょう。。


いかにも何ともヘンな話だ、と思われますか?
あるいは、こんなこと聞きたくない、と思われるかもしれませんね…(ここでお止め頂いても全然けっこうですから〜♪)

確かに、『ドラマ・ハゲタカ』の世界観にジェンダー的な視点は全く似つかわしくないし、むしろ私自身、これから先の展開においてもそういう部分は入れないでもらいたいと思っている。
ずっと、あのクールで、ドライで、スタイリッシュな空気感を保ち続けて欲しいと。。(つまり公式で恋愛話いりません、と。笑)


だからこそ。例え二次ではあっても、『ハゲタカ』という世界の中の「この部分」は、女の”私”にしか描けないはずだ―と思った。
それも、恐らく”漫画でしか”描けないだろう、と。確信的に…。

…実にまったく不遜な物言いで、どうもスイマセン。。(大汗)


ただ…原作小説の著者さんも、それにドラマ版の制作陣の皆さんも、推測ではありますが、圧倒的多数が男性、だったと思います。
その男性の皆さんには、そしてまたNHKという”公器”としてのマスメディア、には描くことの難しい(あるいは不可能な…)部分。


この表面的に”平等”で、”良識的”な社会においてはどこまでも”アンタッチャブル”で、”リスキー”で、”ダーティ”な部分。

それでいて、”アンダーグラウンド”では巨大な「市場」を現実に形成しているような分野。


どっかのご家庭の、一家団欒の場面で、テレビに「そんなシーン」が映ると、黙って急にお母さんがチャンネルを変えてしまう…ああいうことです要するに。。(笑)


『ドラマ・ハゲタカ』のクールさ、そぎ落とした武道家の筋肉みたいな映像的力強さは、人間の”ある側面”についての描写をばっさりと省くことで(きわめて自覚的に)成立しているのだと思う。


「世の中は金だ」

「金が悲劇を生む」


…そう言っていながら、その「カネ」にまつわる本当の、究極の残酷さには、目をつぶっているのがドラマ版の唯一の”限界”だと。
(いや、そうせざるを得ないのはわかってます!NHKですし!汗)

※私は原作小説版は読んでないんですが…向こうはどうですかね?



「カネ」がもたらす究極の残酷さ。

それはある意味「命を取られること」とさえも同等である程の。
かつて古今東西のあらゆる古典的名作で語られつくしてきた話で。


ある個人が、「誇り」も、「尊厳」も、「自由」も、「愛情」も、「人格」や「故郷」さえも、…全てを踏みにじられ奪われた上で、それでもなお”生き”ざるを得ない―という状態。


それこそが本当の、この世に「カネ」が生んだ悲劇。


私は、そう考えました。
他の方にはもっと別の意見があると思います。

でも少なくとも私は、この面を描かないと『ハゲタカ』という世界はどっか”片手落ち”なんじゃないか?と思ってた。
人間社会における「カネ」にまつわる悲劇を語りつくしたことにならないのではないか?と。

それで畏れ多くも自分でやろうとしちゃった…それも、これまた”アンダーグラウンド”そのものな二次創作で…ってこと、なんです。。(汗)…あぁ、いま石なげられてる自分、絶対!(涙)



私は、もうずっと公然と「鷲ユカ」を標榜し続けてるんですが☆
この意見に、実はあまり賛成して下さる方が少ないんで、逆にビックリした感じです…(笑)。

皆さん、あの三島由香のキャンキャンした、一種”幼稚な”態度、マスコミ人によくある?「自分は正しい」と思ってる風な傲慢さ、鷲津の人間性の大人びた、奥深い外見との残念なくらいの対比―を口惜しく感じ、もしくはただ単に毛嫌いしている…ようですね?

でも、私は、あの「由香」は、あれは正しい人物造形だと思う。

由香は、きっとああいう子なんですよ。
そう。本当に、いつまでも「子供」なんです。…幼稚な人格。


何故なら、彼女こそはあのドラマに登場する全ての”大人”たちによって”守られた子供”、その象徴的人物像だったのだから。



今回の本で、私はまだ二十歳前後の主人公・鷲津に、相当酷い扱いをしました。

その一事でもって私を心底許せない人は、きっと多いとも思う。
でも、じゃあ、と考えてみて欲しい。
例えば…三島のオヤジさんが自ら命を絶った後、大空の大木会長があの小さな町工場を、偉大な恩情から救わなかったとしたら。

現実に、まだ少女の由香が”そうなっていた”筈だと思うのです。

だって突然、大黒柱の男親を、一家の収入もろとも失って、まして工場がらみの多額の借金背負って、路頭に迷って、…それで「本当のことを知りたいからマスコミの道に進みたいの私」なんて悠長なこと、絶対に言えるはずがないんですよ、本来なら!(汗)
母娘して明日からのメシの種にも困ってるに違いないんですよ。。

つまりあの由香の「純真さ」こそ有り得ない、「不自然」な、人造のダイヤモンドみたいな輝きなのです。あのまっすぐな瞳は…。
「いびつ」な存在として、あの彼女のあり様は、正しいのです。。


きっと、NHKドラマ版の制作陣の皆さんは、皆さん…男性だからこそ…”そういう風”には描きたくはなかったんだろうと思います。
彼女のような存在をこそ、心底守りたかったんだろう、と。
そう思ってくれた(のだとして)ことを、有り難くも感じます…。

ドラマのエンディングで、空からひらり降ってきたお札を小さな両手に包んで、そっと開いたそれが、一輪の明るい色のひまわりの花に変わっている…あの少女は、由香だと私は固く信じている。

彼女の純粋さ、まっすぐな瞳、汚れを知らない心…そういう”奇跡”を守るために、近くも遠くも彼女の周囲の多くの大人が、色んなものを身代わりに背負ってくれていた。矢面に立ってくれていた。

その中に、当然、鷲津もいたと思うのです。

…本当は、彼と彼女とは、いわば同じ一人の傷ついた幼い子供…、ひとつ存在の”自殺遺児”―その片割れ同士、なのだけれど。


あの時から、由香が日なたを歩いたのだとしたら。
鷲津はずっと、真っ暗な闇の中を歩いてきたはずで…。

それは結局、由香が「女の子」で、鷲津が、どんなに若く未熟であっても、「男」だったから―。


本当ならば由香も背負うはずだった”闇”を、鷲津を筆頭に多くの大人が肩代わりした。それによって傷つき、のたうち回って長い間苦しんできた。…別人のように変わってしまうくらいに。

でも、そうして彼らが一人の少女を守ったことは、無駄だったか?

そんなことはない、と、私は強く強く思います。


仮に由香が、「あの由香」じゃなかったとしたらどうか?

『ドラマ・ハゲタカ』に、他の設定全部あのままで、「由香」の存在だけが、そっくり最初から無かったとしたら?


…どれほど救いのない物語であったことか。



鷲津はどこまでもホライズン・ジャパン代表の鷲津でしかなく。

芝野さんは、またエリートとして不祥事を不満ながらも握り潰し。

大木会長と鷲津は、間近に二人きりで話す機会もなく。

治は自分の動かす金とかつての父親との金の違いに疑問も持たず。

そして鷲津には、最後に帰っていく三島製作所は、無い。



…あのドラマのエンディングに「黄色いひまわりの花」が無かったとしたら?

そういうことを、私はいま言ってるのです。


うまく伝わってるでしょうか…。



この国の多くの大人たちが、傷つき、もがき苦しみながらも懸命に守ってくれた、ある純粋な魂。…まっすぐな若い樹木の苗みたいな。


でも最後は、それによって彼ら自身も、救われていた筈なのです。


そしてそれこそが、この人間の社会の中に、永遠に受け継がれる”ひとつの約束”、でもあるのだろうと―。

年とったものが、本能的にまだ幼い「未来」を守ろうとする理由。




まったくの力不足ながらも、私が『ハゲタカ』の世界を通して(漫画で)語りたいのは、実はそういうことです。。
ホント出来てなくって恥ずかしいんですが。。。(汗)


だからやっぱり鷲津は、最後は、三島由香のいるところに帰らなきゃならない。

自分が身代わりに”汚れ”と”闇”を引き受けた、…そうして結果的に守った、由香の中の”光”によって癒され、救われなければならない。
私にとっては、どうしたってそうなのです。


だから、それを証明するために私は自分で(これら一連の)物語を描きます。
本を作るからには、イベントとかを通じて出来るだけ多くの人に読んで、共有して頂きたいです。

…でも、同時にこのことがやはりどこまで行っても”アンダーグラウンド”であらざるを得ないことも、承知しています…。
とはいえ私は、どこの誰に仮に見つかったとしても、逃げも隠れもしないんですけどね☆(笑)


だって私は『ドラマ・ハゲタカ』と鷲津のことを、本当に好きだから。一人でも多くの人々に彼の存在を知ってほしいと思って、そのために、信念に基づいて、例え非公式であっても行動しているから。

好きだからこそ彼を傷つけて、酷い扱いを物語の中でしていることの責任を、取るべきだと思うから…。

誰かに責められるのだとしたら、甘んじて受けようと思います。。
(で、でもお願いですからお手柔らかに…。泣←ヘタレ。。)



はぁ。
今日でもう今年も終わりだってのに、まだ年賀状一枚も書いてないってのに(爆)、またこんなずらずらと余計なこと書いてるよ…ブログ禁止令はどこいったんだ??(苦笑)

え〜、はい。。
新年明けましたら、また漫画、新刊本の続き(『Blue Winter』下巻ね)の作業さっそく始めることに致します…。
公式の映画公開が6月だそうなので?それまでには全て完了、と行きたいもの…です。。。(予定は未定〜☆)

で、もし余力あったら(十中八九ナイ?!笑)別冊×1、オムニバス形式で短編集×1、まで出して(え?6月までに??汗)ようやく私の「ハゲタカ・プロジェクト」終了!です。
…と、とてつもなく遠いぃ…(汗)。

いやっ、でもね。。漫画ってのは描き慣れれば慣れるほど格段にスピードアップ出来るものらしいから♪…実際、プロの人たちの連載ペースってそんくらいだと思うから。。
当然、プロ目指してる自分が努力しない理由はないですな。。。


そういうわけで、来年もまだ当分は(二次)漫画づけな日々、だと思います…(ってオマエ嬉しいだろ?苦笑)。

絶対途中で投げ出さないように、身体に気をつけて、気力体力を充実させて頑張って行きたいと思います。
上手く運んだとして、次にリアルの場でお目にかかれるのって…夏のコミケですかね??(気が早ぇ〜っ)

…その頃には、もうコミケの「ハゲタカ枠」って、私一人になってたり…?(笑)※いや、逆にめっちゃ増えてたら良いなぁ。。

実は他にもちょっとばかし水面下で考えてることはあったりするんですが、それはまだ本決まりになってからってことで…。



では皆さん、今年もあと数時間となりました。

旧年中は当くっだらな〜いブログに御愛顧を賜り(笑)誠に誠に有り難うございました。
新年も、同じようなことしてるブログとブログ主ではありますが、何卒宜しくお願い申し上げます。


新しい年が、アナタにとって明るいものでありますように―。


金融危機&世界恐慌に負けるなっ!!☆
祝・ハゲタカ映画降臨!!!♪(絶対観るぞ!)



それでは皆様、今年も一年有り難うございました!

どうぞ良いお年を…。


カテゴリ:- | 22:25 | - | - | - | - |